カキモリマーク

主な収蔵品(芭蕉筆「ふる池や」句短冊)

芭蕉作品
ふる池や蛙飛込水のおと  ばせを
(ふるいけや かわずとびこむ みずのおと)

 芭蕉(ばしょう・1644〜1694)は文学史上を代表する俳人。江戸深川の閑居(芭蕉庵)での隠棲生活や、「おくの細道」に代表されるいく度かの行脚など、風狂に徹した生活を通して、独自の蕉風俳諧を樹立しました。
 この句は、古来、蕉風開眼の句としてよく知られた作品。伝統的な和歌の世界で定着していた「鳴く蛙」を、俳諧的にとらえ「飛ぶ蛙の水音」に着眼したところに芭蕉の手柄があります。
 本点は貞享後期の揮毫。「はせを」(ばしょう)と仮名落款してあります。