如来院は1300年前、聖武天皇の厄除けとして行基菩薩が神埼釈迦堂を建立したのがはじまりです。     現在の地・寺町は徳川幕府が尼崎城の西の守りのために整備した町です。


今月の言葉 一日一訓 表 紙 行 事 写 経 如来院のおいたち




     
本堂

如来院は、1,300年前に、尼崎市神崎町に神崎釈迦堂として建立されました。                
850年前、法然上人が訪れました。
800年程前に、神崎釈迦堂は洪水で流失しました。     
本尊を釈迦如来⇒阿弥陀如来にし、寺名を如来院とし再建されました。
戦国時代に尼崎市大物町に移転し、
江戸時代(400年前)に寺町(現在地)に移転しました。

彼 岸

秋分の日は
  祖先をうやま
  い、なくなった
  人々をしのぶ
日です
        

第一日曜日 10:00-15:00

お寺まいり

阿弥陀様の前で、
家族そろって、木魚をただいて、
お念仏をとなえましょう


ナムアミダブ ナムアミダブ
木魚

      写    経

  第一日曜日 10:00-15:00
  筆はお寺で準備 いたします

      直    葬

     お葬儀でしょうか?!

 葬儀とは
 

     尼崎市寺町11番地
    TEL:06-6411-3794
    FAX:06-6411-5909

 




























    ご参拝をいただきありがとうございました。
    第一日曜日10:00-15:00、本堂を開放いたしますので、どなたさまもご自由にご参拝ください。

 



貴方様は 人目の参詣者です   
 



Copyright(C)Nyoraiin