食卓の芸術展

第1回2007年2月15日(木)~18日(日)tomikoの癒しの空間をアルバムにてお楽しみください

ごあいさつ
幼い頃から、物を作るのが大好きでした。
年を重ねて、食に目覚め、いや仕事がらみで通信教育の「栄養と料理」を学び始めました。
そのきっかけから人様に教える事になるなんて考えてもいませんでした。
料理、ケーキ、パンなどを作って食べるその時、作る事の勉強ですが調理台の上でそのまま試食する事に疑問を感じ例え公民館でもテーブルを設え、きっちりセッティングが出来たらと思いました。
その為にテーブルコディネートも学びそれなりの形が出来てきました。
生まれも育ちも尼崎の下町ですが物心付く頃には優雅で美しい生活に憧れていました。
飽食の現代では豊な食事の時代は終わり、バランスのとれた食事と豊な食空間を普通の生活の中に広めていく事が出来たらと思っております。
まだまだ未熟ではありますが、少しでも心が癒される空間で手作りの物を口にした時の「美味しい・・・・・」の一言を聞くために、これからも努めていく所存でございます。

中野登美子

■日時
2007年2月15日(木)~18日(日)修了
■会場
ギャラリーアルカイック
■主催
ホームメイドサロンTomiko
■後援
学校法人杭瀬幼稚園・「栄養と料理」教室
■使用食器
ウエッジウッド ワイルドストロベリー・ノリタケ・リチャードジノリ・クリスタルキャンドルスタンド・銀器ティセット他

第1回写真1第1回写真2

第2回2009年10月15日(木)~18日(日)tomikoの癒しの空間をアルバムにてお楽しみください

ごあいさつ
教室をオープンして5年を記念に第2回食卓の芸術展を開くことができました。これも一重に皆さまのご協力のお陰だと喜んでおります。
前回の開催後、少しでも充実した物を展示出来たらと思い食につながる、シュガークラフトとタイのフルーツカービングを学び始め、今回その作品も展示出来ることになりました。まだまだ未熟な作品ですが皆様のお目に留めていただけて嬉しく思います。
テーブルコーディネートでは、一番のフォーマルなテーブルと言われているブライダルのテーブルを息子の結婚1周年を記念して設えてみました。サブのテーブルはクリスマスの設えです。楽しいクリスマスパーティを思い浮かべていただけたら幸いです。
昨年の秋、ギャラリーを申し込んでから約1年間、色々思いを巡らし構想をふくらませてまいりました。
一人では何もできません。生徒の皆さん、家族の協力の元に積み上げてきた、いろいろな思いが一つの作品として皆様の前に花開いたかと思います。作品展が3回、4回と続けて開くことができる様に、日々精進し続けたいと思っております。
自分自身も学びながら指導ができる環境に喜びを感じております。
最後になりましたが、今回私の茶道の先生で未生流・表千家・日本フラワーデザイナー協会 講師 原雅子先生にテーブルのフラワーアレンジメントをして頂けたことを感謝しております。

中野登美子

市会議員 上松圭三婦人をはじめ、
衆議院議員 民主党福幹事長 室井邦彦先生のご観覧を頂けたこと嬉しく、感謝しております。




■使用食器
リチャード・ジノリ・ベッキョホワイト・ノリタケ・香蘭社・ナルミ・ミント他

第2回写真1第2回写真2

第3回2012年3月17日(土)~19日(月)tomikoの癒しの空間をアルバムにてお楽しみください

ごあいさつ
今回初めて企画した自宅での作品展も皆様のご協力で無事に開催出来ました。
普段のレッスンの成果を皆様に見ていただくことのない食の文化を地元で披露出来たらと願っての事でした。
家族の協力で使える部屋を全て使用してアフタヌーンティー・クリスマス・お祝いのディナーのテーブル・お正月の和のテーブル・カービングのタイのテーブルと5つのテーブルを設えました。
食の安全を問われる現在、手作りを追及して自分たちの周りの人達に少しでも健康で豊かな生活を送って頂ける様に日々精進していきたいと思います。
これからも皆様のご支援をよろしくお願いします。
現在も自分自身が学びながら指導ができる事に感謝しております。
最後になりましたが、諸先生方に遠い所をお運びいただき本当にありがとうございました。

中野登美子

■会場
自宅 母屋リビング&ダイニング・離れサロン
■日時
2012年3月17日(土)~19日(月)修了
■使用食器
ウエッジウッド・ノリタケ・香蘭社・ナルミ・リチャード ジノリ・ミント・ロイヤルドルトン・他

第3回写真1第3回写真2

第4回2014年6月2日(月)~8日(日)tomikoの癒しの空間をアルバムにてお楽しみください

第1回 イギリス海外研修 2014年6月2日(月)~6月8日(日)

ごあいさつ
サロンの十周年を記念して憧れのイギリス海外研修へ行きました
イギリス式ティーコーディネートを勉強している事もあり皆さんとご一緒に研修旅行が出来た事を嬉しく思います
イギリスのホームステイも経験できロンドンとは違う田舎の良さも味わってきました。
マナーハウスに泊まり古き良きものを大切に使う事、何百年もの年月を経た素晴らしい物に驚きを感じてきました。
現代人の私たちには古い物を大切に守り続けていく責任が有ります。
現在も自分自身が学びながら指導ができる事に感謝しております。
最後になりましたが、参加頂いた皆様に感謝いたします。

中野登美子

■研修先
イギリス湖水地方(ホームステイ・マナーハウス)
■日時
2014年6月2日(月)~8日(日)修了
■参加人数
6名

第3回写真1第4回写真2